宮代町道仏土地区画整理組合

道仏地区土地計画

A-1地区 A-2地区 A-3地区 B地区 C地区 D地区 E地区

地区整備計画・建築物に関する事項
地区の区分/名称 A-1地区 既存在宅ゾーン 第一種住居地域
面積 約0.8ha
建築物等の用途の制限

次に掲げる建築物は、建築してはならない。

(1)店舗、飲食店その他これらに類する用途に供するものでその用途に供する 部分の床面積の合計が500平方メートルを超えるもの

(2)事務所

(3)ホテル又は旅館

(4)ボーリング場、スケート場、水泳場、ゴルフ練習場、バッティング練習場その他これらに類する運動施設

(5)自動車教習所

(6)畜舎(床面積の合計が15平方メートルを超えるもの)

(7)工場(建築基準法施行令第130条の6に掲げるパン屋、米屋、豆腐屋、菓子屋その他これらに類する食品製造業を営むもので、作業場の床面積の合計が50平方メートル以内のものを除く)

(8)自動車修理工場

建築物の敷地面積の最低限度

120平方メートル

ただし、土地区画整理事業での換地面積又は仮換地面積が最低限度に満たない敷地については換地面積又は仮換地面積とする。また、町長が公益上やむを得ないと認めたものについては、この限りではない。

壁面の位置の制限

建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から道路境界線までの距離は、1.0m以上とする。又、隣地境界線までの距離は、0.5m以上とする。

ただし、次に掲げるものはこの限りではない。
(1)外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3.0m以下である建築物の部分 
(2)物置で高さ2.5m以下、かつ、床面積の合計が6.6平方メートル以内のもの 
(3)車庫で高さ3.0m以下のもの 
(4)出窓(床面積に算入されないもの)
(5)建築物の管理上必要最小限の付帯施設の部分 
(6)町長が公益上必要と認めた建築物でやむを得ないと認めたもの

建築などの高さの最高限度
前面道路高から15m
ただし、階段室、昇降機塔その他これらに類する建築物の屋上部分の水平投影面積の合計が当該建築物の建築面積の1/8以内の場合においては、その部分の高さは当該建築物の高さに算入しない。
建築物などの形態又は意匠の制限
建築物の屋根、外壁又はこれに代わる柱の色彩は、住宅地としての都市景観に配慮した色調とする。 屋外広告物の意匠は、「埼玉県屋外広告物条例」(昭和50年埼玉県条例第42号)によるものとする。
かき又はさくの構造の制限

道路境界線に面してかき又はさくを設置するときは、次の各号のいずれかに該当するもの又はこれらの併用とする。ただし、町長が建築物等の保安・管理上やむを得ないと認めたもの及び門柱、門袖(左右の長さの合計4.0m以下)、門扉等は、この限りではない。

(1)生垣

(2)前面道路高からの高さが1.5m以下の透視可能なフェンス
なお、宅地造成高は前面道路高から40cm以下又は使用収益開始時の宅地造成高とする。

ページのトップに戻る

地区整備計画・建築物に関する事項
地区の区分/名称 A-2地区 既存在宅ゾーン 第二種中高層住居専用地域
面積 約1.9ha
建築物等の用途の制限

次に掲げる建築物は、建築してはならない。

▼店舗、飲食店その他これらに類する用途に供するものでその用途に供する部分の床面積の合計が500平方メートルを超えるもの

建築物の敷地面積の最低限度

120平方メートル

ただし、土地区画整理事業での換地面積又は仮換地面積が最低限度に満たない敷地については換地面積又は仮換地面積とする。また、町長が公益上やむを得ないと認めたものについては、この限りではない。

壁面の位置の制限

建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から道路境界線までの距離は、1.0m以上とする。又、隣地境界線までの距離は、0.5m以上とする。

ただし、次に掲げるものはこの限りではない。
(1)外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3.0m以下である建築物の部分 
(2)物置で高さ2.5m以下、かつ、床面積の合計が6.6平方メートル以内のもの 
(3)車庫で高さ3.0m以下のもの 
(4)出窓(床面積に算入されないもの)
(5)建築物の管理上必要最小限の付帯施設の部分 
(6)町長が公益上必要と認めた建築物でやむを得ないと認めたもの

建築などの高さの最高限度
前面道路高から15m
ただし、階段室、昇降機塔その他これらに類する建築物の屋上部分の水平投影面積の合計が当該建築物の建築面積の1/8以内の場合においては、その部分の高さは当該建築物の高さに算入しない。
建築物などの形態又は意匠の制限
建築物の屋根、外壁又はこれに代わる柱の色彩は、住宅地としての都市景観に配慮した色調とする。 屋外広告物の意匠は、「埼玉県屋外広告物条例」(昭和50年埼玉県条例第42号)によるものとする。
かき又はさくの構造の制限

道路境界線に面してかき又はさくを設置するときは、次の各号のいずれかに該当するもの又はこれらの併用とする。ただし、町長が建築物等の保安・管理上やむを得ないと認めたもの及び門柱、門袖(左右の長さの合計4.0m以下)、門扉等は、この限りではない。

(1)生垣

(2)前面道路高からの高さが1.5m以下の透視可能なフェンス
なお、宅地造成高は前面道路高から40cm以下又は使用収益開始時の宅地造成高とする。

ページのトップに戻る

地区整備計画・建築物に関する事項
地区の区分/名称 A-3地区 既存在宅ゾーン 第一種中高層住居専用地域
面積 約7.2ha
建築物等の用途の制限

-

建築物の敷地面積の最低限度

120平方メートル

ただし、土地区画整理事業での換地面積又は仮換地面積が最低限度に満たない敷地については換地面積又は仮換地面積とする。また、町長が公益上やむを得ないと認めたものについては、この限りではない。

壁面の位置の制限

建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から道路境界線までの距離は、1.0m以上とする。又、隣地境界線までの距離は、0.5m以上とする。

ただし、次に掲げるものはこの限りではない。
(1)外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3.0m以下である建築物の部分 
(2)物置で高さ2.5m以下、かつ、床面積の合計が6.6平方メートル以内のもの 
(3)車庫で高さ3.0m以下のもの 
(4)出窓(床面積に算入されないもの)
(5)建築物の管理上必要最小限の付帯施設の部分 
(6)町長が公益上必要と認めた建築物でやむを得ないと認めたもの

建築などの高さの最高限度
前面道路高から15m
ただし、階段室、昇降機塔その他これらに類する建築物の屋上部分の水平投影面積の合計が当該建築物の建築面積の1/8以内の場合においては、その部分の高さは当該建築物の高さに算入しない。
建築物などの形態又は意匠の制限
建築物の屋根、外壁又はこれに代わる柱の色彩は、住宅地としての都市景観に配慮した色調とする。 屋外広告物の意匠は、「埼玉県屋外広告物条例」(昭和50年埼玉県条例第42号)によるものとする。
かき又はさくの構造の制限

道路境界線に面してかき又はさくを設置するときは、次の各号のいずれかに該当するもの又はこれらの併用とする。ただし、町長が建築物等の保安・管理上やむを得ないと認めたもの及び門柱、門袖(左右の長さの合計4.0m以下)、門扉等は、この限りではない。

(1)生垣

(2)前面道路高からの高さが1.5m以下の透視可能なフェンス
なお、宅地造成高は前面道路高から40cm以下又は使用収益開始時の宅地造成高とする。

ページのトップに戻る

地区整備計画・建築物に関する事項
地区の区分/名称 B地区 新規在宅ゾーン 第一種中高層住居専用地域 面積 約9.0ha
建築物等の用途の制限

-

建築物の敷地面積の最低限度

140平方メートル

ただし、土地区画整理事業での換地面積又は仮換地面積が最低限度に満たない敷地については換地面積又は仮換地面積とする。また、町長が公益上やむを得ないと認めたものについては、この限りではない。

壁面の位置の制限

建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から道路境界線までの距離は、1.0m以上とする。又、隣地境界線までの距離は、0.5m以上とする。

ただし、次に掲げるものはこの限りではない。
(1)外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3.0m以下である建築物の部分 
(2)物置で高さ2.5m以下、かつ、床面積の合計が6.6平方メートル以内のもの 
(3)車庫で高さ3.0m以下のもの 
(4)出窓(床面積に算入されないもの)
(5)建築物の管理上必要最小限の付帯施設の部分 
(6)町長が公益上必要と認めた建築物でやむを得ないと認めたもの

建築などの高さの最高限度
前面道路高から15m
ただし、階段室、昇降機塔その他これらに類する建築物の屋上部分の水平投影面積の合計が当該建築物の建築面積の1/8以内の場合においては、その部分の高さは当該建築物の高さに算入しない。
建築物などの形態又は意匠の制限
建築物の屋根、外壁又はこれに代わる柱の色彩は、住宅地としての都市景観に配慮した色調とする。 屋外広告物の意匠は、「埼玉県屋外広告物条例」(昭和50年埼玉県条例第42号)によるものとする。
かき又はさくの構造の制限

道路境界線に面してかき又はさくを設置するときは、次の各号のいずれかに該当するもの又はこれらの併用とする。ただし、町長が建築物等の保安・管理上やむを得ないと認めたもの及び門柱、門袖(左右の長さの合計4.0m以下)、門扉等は、この限りではない。

(1)生垣

(2)前面道路高からの高さが1.5m以下の透視可能なフェンス
なお、宅地造成高は前面道路高から40cm以下又は使用収益開始時の宅地造成高とする。

ページのトップに戻る

地区整備計画・建築物に関する事項
地区の区分/名称 C地区 新規在宅ゾーン 第一種住居地域 面積 約8.7ha
建築物等の用途の制限

次に掲げる建築物は、建築してはならない。

(1)ホテル又は旅館

(2)ボーリング場、スケート場、水泳場、ゴルフ練習場、バッティング練習場その他これらに類する運動施設

(3)畜舎(床面積の合計が15平方メートルを超えるもの)

(4)自動車修理工場

建築物の敷地面積の最低限度

都市計画道路に接する敷地については180平方メートル
その他の敷地については140平方メートル

ただし、土地区画整理事業での換地面積又は仮換地面積が最低限度に満たない敷地については換地面積又は仮換地面積とする。また、町長が公益上やむを得ないと認めたものについては、この限りではない。

壁面の位置の制限

建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から道路境界線までの距離は、都市計画道路にあっては1.5m以上、その他の道路にあっては1.0m以上とする。又、隣地境界線までの距離は、都市計画道路にあっては1.0m以上、その他の道路にあっては0.5m以上とする。

ただし、次に掲げるものはこの限りではない。
(1)外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3.0m以下である建築物の部分 
(2)物置で高さ2.5m以下、かつ、床面積の合計が6.6平方メートル以内のもの 
(3)車庫で高さ3.0m以下のもの 
(4)出窓(床面積に算入されないもの)
(5)建築物の管理上必要最小限の付帯施設の部分 
(6)町長が公益上必要と認めた建築物でやむを得ないと認めたもの

建築などの高さの最高限度
前面道路高から15m
ただし、階段室、昇降機塔その他これらに類する建築物の屋上部分の水平投影面積の合計が当該建築物の建築面積の1/8以内の場合においては、その部分の高さは当該建築物の高さに算入しない。
建築物などの形態又は意匠の制限
建築物の屋根、外壁又はこれに代わる柱の色彩は、住宅地としての都市景観に配慮した色調とする。 屋外広告物の意匠は、「埼玉県屋外広告物条例」(昭和50年埼玉県条例第42号)によるものとする。
かき又はさくの構造の制限

道路境界線に面してかき又はさくを設置するときは、次の各号のいずれかに該当するもの又はこれらの併用とする。ただし、町長が建築物等の保安・管理上やむを得ないと認めたもの及び門柱、門袖(左右の長さの合計4.0m以下)、門扉等は、この限りではない。

(1)生垣

(2)前面道路高からの高さが1.5m以下の透視可能なフェンス
なお、宅地造成高は前面道路高から40cm以下又は使用収益開始時の宅地造成高とする。

ページのトップに戻る

地区整備計画・建築物に関する事項
地区の区分/名称 D地区 地域拠点ゾーン 第二種住居地域 面積 約2.1ha
建築物等の用途の制限

次に掲げる建築物は、建築してはならない。
(1)住宅、共同住宅、寄宿舎、下宿又は長屋

(2)住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもの

(3)ホテル又は旅館

(4)マージャン屋、ぱちんこ屋、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの

(5)自動車教習所

(6)工場(建築基準法施行令第130条の6に掲げるパン屋、米屋、豆腐屋、菓子屋その他これらに類する食品製造業を営むもので、作業場の床面積の合計が50平方メートル以内のものを除く)

建築物の敷地面積の最低限度

ただし、土地区画整理事業での換地面積又は仮換地面積が最低限度に満たない敷地については換地面積又は仮換地面積とする。また、町長が公益上やむを得ないと認めたものについては、この限りではない。

壁面の位置の制限

建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から道路境界線までの距離は、5.0m以上とする。又、隣地境界線までの距離は、3.0m以上とする。

ただし、次に掲げるものはこの限りではない。
(1)外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3.0m以下である建築物の部分 
(2)物置で高さ2.5m以下、かつ、床面積の合計が6.6平方メートル以内のもの 
(3)車庫で高さ3.0m以下のもの 
(4)出窓(床面積に算入されないもの)
(5)建築物の管理上必要最小限の付帯施設の部分 
(6)町長が公益上必要と認めた建築物でやむを得ないと認めたもの

建築などの高さの最高限度

前面道路高から20m

ただし、階段室、昇降機塔その他これらに類する建築物の屋上部分の水平投影面積の合計が当該建築物の建築面積の1/8以内の場合においては、その部分の高さは当該建築物の高さに算入しない。

建築物などの形態又は意匠の制限
建築物の屋根、外壁又はこれに代わる柱の色彩は、住宅地としての都市景観に配慮した色調とする。 屋外広告物の意匠は、「埼玉県屋外広告物条例」(昭和50年埼玉県条例第42号)によるものとする。
かき又はさくの構造の制限

-

ページのトップに戻る

地区整備計画・建築物に関する事項
地区の区分/名称 E地区 鉄道沿線ゾーン 第一種住居地域 面積 約4.1ha
建築物等の用途の制限

次に掲げる建築物は、建築してはならない。
(1)店舗、飲食店その他これらに類する用途に供するものでその用途に供する部分の床面積の合計が500平方メートルを超えるもの

(2)事務所

(3)ホテル又は旅館

(4)ボーリング場、スケート場、水泳場、ゴルフ練習場、バッティング練習場その他これらに類する運動施設

(5)自動車教習所

(6)畜舎(床面積の合計が15平方メートルを超えるもの)

(7)工場(建築基準法施行令第130条の6に掲げるパン屋、米屋、豆腐屋、菓子屋その他これらに類する食品製造業を営むもので、作業場の床面積の合計が50平方メートル以内のものを除く)

(8)自動車修理工場

建築物の敷地面積の最低限度

140平方メートル

ただし、土地区画整理事業での換地面積又は仮換地面積が最低限度に満たない敷地については換地面積又は仮換地面積とする。また、町長が公益上やむを得ないと認めたものについては、この限りではない。

壁面の位置の制限

建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から道路境界線までの距離は、1.0m以上とする。又、隣地境界線までの距離は、0.5m以上とする。

ただし、次に掲げるものはこの限りではない。
(1)外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3.0m以下である建築物の部分 
(2)物置で高さ2.5m以下、かつ、床面積の合計が6.6平方メートル以内のもの 
(3)車庫で高さ3.0m以下のもの 
(4)出窓(床面積に算入されないもの)
(5)建築物の管理上必要最小限の付帯施設の部分 
(6)町長が公益上必要と認めた建築物でやむを得ないと認めたもの

建築などの高さの最高限度

前面道路高から15m

ただし、階段室、昇降機塔その他これらに類する建築物の屋上部分の水平投影面積の合計が当該建築物の建築面積の1/8以内の場合においては、その部分の高さは当該建築物の高さに算入しない。

建築物などの形態又は意匠の制限
建築物の屋根、外壁又はこれに代わる柱の色彩は、住宅地としての都市景観に配慮した色調とする。 屋外広告物の意匠は、「埼玉県屋外広告物条例」(昭和50年埼玉県条例第42号)によるものとする。
かき又はさくの構造の制限

道路境界線に面してかき又はさくを設置するときは、次の各号のいずれかに該当するもの又はこれらの併用とする。ただし、町長が建築物等の保安・管理上やむを得ないと認めたもの及び門柱、門袖(左右の長さの合計4.0m以下)、門扉等は、この限りではない。

(1)生垣

(2)前面道路高からの高さが1.5m以下の透視可能なフェンス
なお、宅地造成高は40cm以下又は使用収益開始時の宅地造成高までとする。

ページのトップに戻る